ルール(2018WSC・WPC選抜大会)

解答時の注意点

  • 解答時に使用できるのは、鉛筆や消しゴムなどの筆記用具のみです。
  • 解答送信に利用する場合を除いて、パソコン・スマートフォン・計算機などの使用は禁止します。
  • 複数人で協力して解くことは禁止します。必ずお一人で挑戦ください。

代表の決定について

今年11月にチェコで開催される世界大会に、日本選手団を派遣します。WSC選抜大会の結果によって世界ナンプレ(SUDOKU)選手権の参加メンバーを、WPC選抜大会の結果によって世界パズル選手権の参加メンバーを選抜します。

○日本選手団の選抜方法(WSC選抜大会・WPC選抜大会共通)

以下の手順で2チームを選抜します(1チームは4人一組)。

1:成績上位から順に4名をAチームに選抜
2:(1)で選抜された者を除き、上位から順に3名をBチームに選抜
3:(1)(2)で選抜された7名の中に、世界大会の未経験者がいない場合
→世界大会の未経験者の中で上位1名をBチームに選抜
(1)(2)で選抜された7名の中に、世界大会の未経験者がいる場合
→(1)(2)で選抜された者を除き、上位から1名をBチームに選抜

(注1)上記の各手順において、解答フォームにて「日本代表になることを希望しない」を選択した方は除いて考えます。また、同点の解答が出た場合、送信時間の早い解答の方を上位といたします。
(注2)Aチーム・Bチーム共に、世界大会の個人戦と団体戦の両方に参加していただけますが、Bチームはオープン参加となるため、成績は非公式なものとして扱われます。
(注3)辞退者が出た場合、それぞれの枠ごとの次点にあたる人が順次繰上げで権利を得ます。

○新人枠について

「日本に広くパズル文化を普及させ、より多くの人にパズルを解く楽しさを伝える」という日本パズル連盟の理念に基づき、できるだけ多くの方が世界大会の雰囲気に触れられるよう、世界大会の未経験者(※)が少なくとも一人は選抜される方法を採用しています。

(※)「世界パズル選手権」「世界ナンプレ(Sudoku)選手権」のいずれにも参加経験がない者

○シード制

今年度より、世界大会の上位者をシード選手として、来年度の国内予選を免除することといたしました。
シード選手はWSC、WPCとも、Aチームでの個人戦公式順位で3位以内に入った選手1名を該当者とし、翌年のAチームのメンバーとします。
3位以内に入った選手が複数名の場合は、成績上位者1名を該当者とします。

大会のおおまかな流れ

  1. あらかじめ「ダウンロード」のページから「インストラクション」と「問題ファイル」のPDFをダウンロードし、パソコンに保存しておいてください。問題ファイルはパスワードで保護されており、この時点では開くことができません。
  2. インストラクションには出題されるパズルのルールなどが記載されていますので、事前に読んで確認しておきます。
  3. 大会の開始時間になると、問題ファイルを開くためのパスワードが「パスワード」のページ等に公開されますので、それを用いて問題ファイルを開きます。
  4. 出題されるパズルはどれもプリンタで印刷して、紙の上で解くことを前提としています。さっそく印刷してパズルを解きはじめましょう。
  5. 解答フォーム」に記載のフォームに、お名前、メールアドレス、解けた問題の解答キーを記入し、終了時間までに送信してください。解答は何度送信しても構いません。最後に届いた解答内容のみが採点対象となります。
  6. 大会が終了すると解答ファイルが公開されます。疑問点などがあった場合は、大会翌日の正午までに問い合わせフォームからご連絡下さい。
  7. 大会翌日の夕方に、成績と問い合わせ頂いた質問への回答が公開されます。

その他の注意事項

出題される全てのパズルは、答えが一つに定まるように作られています。もし「解が無い」「複数の解がある」といった不備が発生した場合、解答送信の有無に関係なく一律で「全員正解」として扱わせていただきます。

大会開始後に新たにお伝えすべき情報が出た場合は、「解答フォームのページ」「公式facebook」「公式twitter」で随時お知らせいたします。パズルを解いている間も、定期的にご確認下さい。